神通川上流飛騨北部の天気予報、特に防災情報等を良く見て来川ください。飛騨北部で雨が降るとすぐにダムからの放水が始まります。通常3~5日で濁りは抜けますがダム内で沈殿して笹濁りになることもありますので要注意です。 又水位は防災ネット富山の大沢野大橋の水位(平水時110cm)を基準に確認してください。

晴れ/+21㎝

今日は極端に水温が低くて鮎の追いが悪いとみんなが言っていた、そして夕方から水温が上がってきたので明日は爆釣になると森田さんが言っていた。
その森田さんが、今日朝120尾かと言って居たが高速の所に入って結局86尾でした、そしてオトリを40尾持ってこられた。
又、上越の小林さんは新保橋の所で13cm~20cmを65尾の釣果とのことです、この人もなかなか釣る人です。
又、Hさんは新婦橋の所で大きなアユばかり30尾余り釣られたとのことです(21cm級)
森田さんも、小林さんも、大物釣りの人も言っていた、急瀬のど芯に入れたら大物が連荘で来るとのことです、竿抜けです、未だそんなところが沢山あります、できる人はやってみよう・・・・・。
それでも、カカシではだめです、少しずつ動かないと数は釣れません」
網の始まる前は浅瀬で良くつれたがな~・・・・・。
此れからは、網に追われて鮎は流心へと逃げ込みます。
今日の特筆すべきはこれぐらいで、後は33尾、26尾、20尾、18尾、3尾の人、坊主の人もおられます。
暇なとき、釣れない人に付いて書いてみます・・・・・。
今日は9時頃から風が5mぐらい吹くと思います、できれば少しでも短い竿など・・・・・。
明日は青島店は4時30分、塩店と本店は5時開店とします。

タイトルとURLをコピーしました