神通川上流飛騨北部の天気予報、特に防災情報等を良く見て来川ください。飛騨北部で雨が降るとすぐにダムからの放水が始まります。通常3~5日で濁りは抜けますがダム内で沈殿して笹濁りになることもありますので要注意です。 又水位は防災ネット富山の大沢野大橋の水位(平水時110cm)を基準に確認してください。

河川情報

【大沢野大橋調べ】
 水位  171㎝ +16㎝
 友釣り 出来ます 
 鮎のサイズは 12㎝~18㎝位です
【最近の釣果】
 釣り人の 30%は(50尾以上)60~100尾の人もいます。
 釣り人の 30%は(30尾~50尾)
 釣り人の 40%は(10尾~30尾)
【お知らせ】
 神通川は鮎が多くて人が少なくて只今釣り放題の状態です。今シーズンの竿頭は村田名人の129尾でその次は浅川進さんの123尾。林順二さんの116尾と続きます。
 地元勢では富山神友会 森田繁義の115尾と来る。しかし、この時の竿納は午後3時か4時である。
 森田氏は名人たちを立てるのが立派である。
 今シーズン、3桁釣りの人は電話を本店までください粗品を差し上げます。
※詳しく知りたい方は新保店員までお尋ねください。

タイトルとURLをコピーしました