神通川上流飛騨北部の天気予報、特に防災情報等を良く見て来川ください。飛騨北部で雨が降るとすぐにダムからの放水が始まります。通常3~5日で濁りは抜けますがダム内で沈殿して笹濁りになることもありますので要注意です。 又水位は防災ネット富山の大沢野大橋の水位(平水時110cm)を基準に確認してください。

鮎のサイズの分析

昨日村田さんは89尾、浅川さんは92尾その他は50,60,70尾でした。場所は、安村から成子の上流へと行きます、。風が強いので、2人共30尾位受け損ねたとのことです。特筆は案内人が66尾も釣ったと言うことです。腕お上げたなということです。村田さんはこんなに鮎がいるのに、人が少ない、富山の人とは、贅沢だ。釣られた鮎の分析をすると50%はオトリになり、30%は保留し、20%は放流するといゆうことになります。
今日は飛行場の前から、始まります。

タイトルとURLをコピーしました