神通川上流飛騨北部の天気予報、特に防災情報等を良く見て来川ください。飛騨北部で雨が降るとすぐにダムからの放水が始まります。通常3~5日で濁りは抜けますがダム内で沈殿して笹濁りになることもありますので要注意です。 又水位は防災ネット富山の大沢野大橋の水位(平水時110cm)を基準に確認してください。

晴れ/1m85㎝/+30㎝

今日は朝から濁りが強くて釣りが出来ない一歩手前でした。そこへ野島軍団の田島剛さん一行5名が来られました。そして飛行場前に直行です、夕方6時過ぎに釣れたアユを持ってこられました。
サイズは16cmから21cmです、数は90尾です、触って現物を確認しました、サイズは16cm~21cmの粒揃いの見事な鮎です。
その他の人は30尾~50尾です、田島さんの釣果に毒気を抜かれたのか幾分元気がなかったようです。
徐の向かいにシモツケの高橋祐次さんがおられたようです、盛んに抜いておられたようでした、彼も同じくらいの数を釣られたと思いますとのことでした。
その次はマスターです友達と一緒です、大浦に入られました、昼の10時30分で上がって42尾です。
その友達は大物を38尾とのことです、彼らも16cm~21cmの見事な鮎です。
近くにいた人は21尾です冷凍預かりです、この人は昼寝が長かったと思います。
愈々神通も本番に入ります。
明日は青島店と本店は5時頃に開店します。

タイトルとURLをコピーしました