神通川上流飛騨北部の天気予報、特に防災情報等を良く見て来川ください。飛騨北部で雨が降るとすぐにダムからの放水が始まります。通常3~5日で濁りは抜けますがダム内で沈殿して笹濁りになることもありますので要注意です。 又水位は防災ネット富山の大沢野大橋の水位(平水時110cm)を基準に確認してください。

はれ/2m03㎝/+48㎝

今日朝、高原川水系で雨が30mm~40mmっも降った、それで水位が40cmも上がった。
朝からサイレンが鳴りっぱなしです、サイレンの前に金沢の南保さんが来られて今日は100尾釣るぞと宣言されました。それが増水です、その中で新保橋の上で朝6時から正午までで77尾も釣られました。  この人はほんとに強い人です、恐らく金沢ではトップクラスの人と思います。
その後で奈良の西垣さん御一行は婦中大橋のところにいかれました、それで釣果は62尾、53尾、32尾とのことです、この方もかなり強い方です。
午前中は余り釣れなくて、夕方、入れ掛りになり、後ろ髪を惹かれる思いで帰りますとのことでした。
新人は午後から釣りをされたそうです、それで26尾とのことです。
これもかなりなものです・・・・・・。
今日は釣果が無いと思っていたが、これだけくるとは思わなかったです。
明日は5時から開店します。
7月16日 朝3時 大沢の水位1m64cm平水近くになりました。+9cmです。

タイトルとURLをコピーしました