神通川上流飛騨北部の天気予報、特に防災情報等を良く見て来川ください。飛騨北部で雨が降るとすぐにダムからの放水が始まります。通常3~5日で濁りは抜けますがダム内で沈殿して笹濁りになることもありますので要注意です。 又水位は防災ネット富山の大沢野大橋の水位(平水時110cm)を基準に確認してください。

ハレ/平水

今日は平水ででしたが釣果は今一つです。
宇都宮のTさんは58尾でYさんは42尾でした、そしてオトリを買って欲しいと言ってこられた。
明日は雨なので断った。
又、塩で釣りをしていた名古屋のKさんは26尾釣って来られた、そして冷凍の預かりをお願いしますとのことです。
釣秀のマスターは朝から2時までで32尾とのことです。
がまかつ大会で3位になった、石川の石黒さんはダイワマスターの下見を兼ねて高速の所に入った、50尾釣られたけど、結果は細かいのばかりでオトリになるのは24尾でした・・・・・。
又、高岡の成安さんは84尾で本日の竿頭です、彼は午前中で50尾余り釣られたそうです。    彼は昨年11回神通に来て1000尾の鮎を釣られたとのことです、兎に角、錘使いの名人とのことである。
明日は、雨が降る、今日夕方から明日の午前中にかけて80%の雨である、午後は60%とのことです。雨量は20mmぐらいとのことです。
水位は30cm~50cmぐらい上がるかもしれない、実態は雨雲が通過しないとわからない。
明日、朝、青島店に行ってからどするかを決めます・・・・・・。

タイトルとURLをコピーしました