神通川上流飛騨北部の天気予報、特に防災情報等を良く見て来川ください。飛騨北部で雨が降るとすぐにダムからの放水が始まります。通常3~5日で濁りは抜けますがダム内で沈殿して笹濁りになることもありますので要注意です。 又水位は防災ネット富山の大沢野大橋の水位(平水時110cm)を基準に確認してください。

はれ/減水8㎝

昨日は余り釣れなかったが、今日は大爆釣でした。
わたしの聞いた話によると、100尾以上の人が2人いる、70尾代が7人ぐらいいる、、50、60尾の人が10人以上と思います、此れは皆、新婦大橋から婦中大橋の間です。
100尾以上釣られた人は引き舟が一杯になり2回空けに行って、3回目で今日の釣りは止めたとのことです。
又、竿頭の74尾釣られたダイワの所長ご一行は飛行場前で、皆さん爆釣らしい、後輩は遠慮した数字らしい・・・・・それでいいと思います???
鮎が大きくて13~19cmもあったとのことです。
70歳代のYさんは51尾も釣られた、その隣の人が引き船3杯の人です。
我々のような遊び人が土、日に出てくるなんて、今日は親戚の人が来るので20尾の鮎が欲しいとのことで・・・・・。
高岡の2人も60尾位とのことです・・・・・。その仲間5人も50~60尾代とのことです。
森田さんは遊びながら68尾とのことです、その連れが40尾くらいが2人居たそうです。
兎に角鮎が沢山いるとのこと、それも21,22cmのものが・・・・・
東京の森田さんの紹介で来られた田野さんも飛行場前へ案内して大型の鮎を35尾とのことです。
今日、行われた報知の大会で、角間さんと、山本さんが160人参加の大会で地区予選(16人)を通過したとのことです。
がまかつの全国大会で2位の男が、地区予選の一回戦を通過できず、一回戦7連敗ならずで残念でした・・・・・Kさんへ・・・・・。
明日は本店と塩店は5時から、青島店は4時30分からの営業です。

タイトルとURLをコピーしました