神通川上流飛騨北部の天気予報、特に防災情報等を良く見て来川ください。飛騨北部で雨が降るとすぐにダムからの放水が始まります。通常3~5日で濁りは抜けますがダム内で沈殿して笹濁りになることもありますので要注意です。 又水位は防災ネット富山の大沢野大橋の水位(平水時110cm)を基準に確認してください。

曇り/+29㎝

今日朝4時開店と同時に神通の増水のサイレンが鳴りました、昨夜飛騨北部の高原川水系で50mmも雨が降った、そして1mの増水で釣りならずです、此れで井田川、と熊野川と、庄川しか無くなりました。
そこへ福島の2人が来て店員5人で何処に行こうかと、協議した結果、井田川へ行く事にしました、善寺橋の下流で78尾の釣果です、もう一人は38尾とのことです、アユは大きくて12cm~20cm位ありました、見事な鮎です。
竿抜けの所と思います。
彼らは昨日は神通で72尾と66尾の鮎を釣られました、本当によく釣る人たちです。
そして、預かっていた鮎も取りに来られた。
今回の出張の遠征の釣行は大成功とのことです、又来ますと言って笑顔で2人が帰って行かれた。
まだほかに杉原橋の下流で60尾余りの人が2人いたとのことです。
そして夕方店に毛鉤釣りの人が来られました、昨日午前中で600尾も釣られたとのことです。
兎に角、手元が忙しくて大変な作業であったとのことです。
大きいのは100尾位で小さいのが500尾とのことです、それを友達に5人に分けたとのことです。
毛鉤は富士マークの黒八つ橋であった。
此の渡辺社長は紳士で嘘は言わない人です、私は信じています。
今まで40年の商いをしていますが、この数は最高と思います・・・・・。
追伸!!
6月18日は濁りが取れていれば水位的には釣りが出来ます。
明日は塩店は休みます、青島店はお昼ごろまで営業する予定です、本店は朝から夕方の7時までの営業です。
今日は釣は無理です、明日ならできるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました