神通川上流飛騨北部の天気予報、特に防災情報等を良く見て来川ください。飛騨北部で雨が降るとすぐにダムからの放水が始まります。通常3~5日で濁りは抜けますがダム内で沈殿して笹濁りになることもありますので要注意です。 又水位は防災ネット富山の大沢野大橋の水位(平水時110cm)を基準に確認してください。

おおきく釣れるのは有沢です

水が減ったので鮎がさがったらしい。
平均すると10尾から20尾ぐらいです、有沢へ行って30尾から50尾ぐらいです
高堂さんは58尾とのことです。今日のチャンピオンです。大きなものは27cmもありました。
仕掛けは道糸0,175号で針6,5号の3本錨です。
今年はシマノの大会も良しそろそろ頭を上げるころかもしれない。
そこへ、京都の人が来られて25尾、28尾と34尾とのことです大きなものは25cmもありました。
熊野の人は18尾ぐらいです。
兎に角、島田さんは57尾で大きなものは25cmです、仕掛けは道糸がメタルの0,04号で針は7号の4本錨です、
場所は有沢橋の上です、へチの浅いところで10時から4時頃まで入れ係だそうです。
皆さんいろいろな仕掛けです。
タイトルとURLをコピーしました