神通川上流飛騨北部の天気予報、特に防災情報等を良く見て来川ください。飛騨北部で雨が降るとすぐにダムからの放水が始まります。通常3~5日で濁りは抜けますがダム内で沈殿して笹濁りになることもありますので要注意です。 又水位は防災ネット富山の大沢野大橋の水位(平水時110cm)を基準に確認してください。

神通川の試し捕りについて

昨日、神通川の婦中大橋から新婦大橋の間でアユの成育調査が行われました。平均体長は13・8センチ(昨年14・7センチ)、平均体重は24グラム(同31・3グラム)と昨年に比べて小さかったものの、現在の調査方法になった2003年以降でみると平均的な大きさだったようです。
 この日の水温は平年より低い15・7度。釣果は友釣り11匹(下流部のみの釣果だった)、投網89匹だった。天然アユの遡上が遅れている上、魚が出来上がっておらず友釣りの釣果が少なかった。
このことから、尺鮎の釣れた平成16年の釣果(20尾釣ったらよく釣れたほう・・・)に匹敵する状況だったように思います。
昨年の平均的な釣果を100%とした場合、今年は60~70%位か???
神通川の本番はやはり梅雨明けか?
注目すべきは例年の調査では天然アユが7割以上を占めるが、今回は放流アユが6割だったそうです。・・・これは何を意味するのか???

タイトルとURLをコピーしました