神通川上流飛騨北部の天気予報、特に防災情報等を良く見て来川ください。飛騨北部で雨が降るとすぐにダムからの放水が始まります。通常3~5日で濁りは抜けますがダム内で沈殿して笹濁りになることもありますので要注意です。 又水位は防災ネット富山の大沢野大橋の水位(平水時110cm)を基準に確認してください。

はれ/-9㎝

今日、福島の人は、昼に100尾余りの鮎をもって帰られました、又来ますとのことです。
此れだけ釣れれば大満足です・・・・・・。
朝10時ごろダイワのテスターの、小峰さんから電話があり、今大沢のにいるんだけど現在、40尾位釣ったけど連れの者が釣れないので数が伸びないとのことです。
それでも3時頃には84尾と数を揃えて来ました、流石に良く釣られます。
又、古畑さんも大沢野で54尾です、現物を見ましたが16cm~23cm位です。
彼の下流にいた人は40尾ぐらいで、対面にいた人は35尾ぐらいとのことです。
又、成子の上に入ったけど数は伸びず24尾で22~24cmばかりの大物だそうです。
魚津の大物は離岸堤にわたって、此れも大物を26尾とのことです。
又、有沢の所に入った泳がせの人はどれ位釣れたであろうか・・・・・。
お客さんから神通に天然遡上が1500万尾も居るかとのことですが、例えば6月10日の試し捕りの時100尾の鮎の割合が、天然遡上鮎が91尾で放流鮎が9尾です、それで放流鮎の数は200万尾です、遡上鮎は2000万尾かもしれない・・・・・。
私の言っている1500万尾は控えめの数だと思います、放流数の10倍が天然遡上鮎だからです・・・・・。
明日は塩店と、青島店との開店は5時頃です、本店は5時30分ごろです。

タイトルとURLをコピーしました