神通川上流飛騨北部の天気予報、特に防災情報等を良く見て来川ください。飛騨北部で雨が降るとすぐにダムからの放水が始まります。通常3~5日で濁りは抜けますがダム内で沈殿して笹濁りになることもありますので要注意です。 又水位は防災ネット富山の大沢野大橋の水位(平水時110cm)を基準に確認してください。

晴れ/減水7㎝

今日の神通の水位は減水の7cmで最低の水位で今まで入れなかったところに入れるようになり、また流心を攻めることができる。 
今日は人の出がマ~マ~でした。今日は200人ぐらいと思います。               大沢野大橋では釣り人が2人で大沢野大橋の上から診たら小さな鮎が沢山見えた。そこで少し釣ってみたら小さな鮎が20尾釣れたその中に16cmの鮎が5尾混ざった、小さい鮎は殆んど放流した、鮎が居るのに大きく成らない石の垢がつかないのかも知れない。
2年前からこんな状態が続ている。
もしかして一番付きの鮎はもう釣られたのかも知れない。
その原因がわからないとのことです。
それから新婦へ来た、そこで少し釣れて成子に来た、それで18cmの鮎を13尾釣れた。
こんなに釣れない日は初めてです。
又、福井の竹越名人は飛行場前に入った13cm~18cmの鮎を53尾と揃えてきた。
流石名人です、あちこちと苦戦したらしいマ~マ~かずをそろえるのに・・・・・・。
麺屋のお父さんは竿を折って来られた、それで坊主です・・・・・。
そこえBさんが来られ飛行場で年配の人が63尾も釣られたのを見たと誠に立派な大型の鮎だったそうです。
そこへMさんが来られ、井田川の話になり、井田川は沢山鮎が居るけど、草が流れててきてどうしようもない、草が流れてこなければ100尾の鮎は簡単に釣れるのにと言って居た。特に流れる草が土、日、が多く10時ごろに水門を開けるらしい、そうすると沢山流れるらしい・・・・・。
其の習性を知っている人は釣に行くたびにいつもたくさん釣っていく人が2人いる。
この問題を私の方で解き明かします、しばらく時間をください・・・・・。
明日は塩店は5時30分から、本店と青島店は5時から営業します。

タイトルとURLをコピーしました